祈りの国・ スリランカ  1
top > p1 > p2
  祈りの国・スリランカ 
 
   スリランカは人口1900万のうち仏教徒が70%である。上座部に属す。
   長老(テ−ラ)を中心に運営され出家集団を基盤とし個人の修行を重んじる
   傾向を帯びている。

   紀元前3世紀以来広まり、シンハラ人の精神的支柱として定着し、憲法で
   仏教を国教化している。

   僧は知性を磨き瞑想によって涅槃の境地にいたるを理想とする。

   市民はサンガに奉仕して功徳を積み、輪廻を繰り返す人間の業(カルマ)を
   現世で改善し,死後よりよい状態になるを願う。

              2004・1・5   古都・キャンディの仏歯寺にて記