スペイン・巡礼の道
top > p9  ガウディーの孤独 >p1 p2 p3 p4 p5 p6 p7 p8 p10 p11 p12
スペインという風土は奇才天才を生み出すようだ。ピカソ、ダリ、そして建築家のガウディーなども然りだ。
カウディーの作品、それは聖家族教会(サクラダファミリア)に代表されるだろう。アストルカの司教館(巡礼博物館)やコミーリャスの綺想館(エリ・カプリチョー)など見た。 これらの建物は、外観の奇観と内部の充実感がマッチして正に天才の妙女が顕現されている。
写真は、自分の設計した建物の前の広場で、スケッチしているガウディーの像である。
それは天才の孤独とでも言い得るような像であった。 最後のスナップでは?。