スペイン・巡礼の道
top > p5 私は光である >p1 p2 p3 p4 p6 p7 p8 p9 p10 p11 p12
スペイン各地のカテドラルには多様な絵画や彫刻がある。現地スペインガイドに「イエスの手に持っている本はどのように書かれているのか」と問うと彼女は即座にギリシャ語で私は光であるの所だと答えた。
われは途(ホドス)なり真理(アレーティア)なりいのち(ツォーエー)なり。われによらでは何人も父のみもとに行きえない。 ヨハネ14−6
かの日がわれわれに輝きあらわれたのは、目的への途がわれわれに一層死滅せんがためであり、すべての虚偽が真理によって放逐されんがためであり、死が生命によって一層死滅せんがためである。そうしてこれらは全く統一的であって多様的ではない。何となれば光そのものは途であり真理であり生命であるからである。 −−− 山本空外上人・プロティーノス 解訳試論