世界の子どもたち  10
     top> p1> p2> p3> p4> p5> p6> p7> p8> p9>p10> p11>



    フランダースの犬


  ベルギーのアントワープの郊外この像
  がある。

  日本でもおなじみの童話
    「フランダースの犬」の
      ネロとパトラッシユである。


  少年ネロのうつむきかげんで 悲しみの黒っぽい眼、       ふさふさの金髪のまき毛、半ズボンに大きい靴
  パトラッシユを撫でている手。

  首からさげたポシェとには何を入れて
  いるのだろう。

  2人は春の柔らかい陽射しの中で
  「愛」を訴えていた。

  それはこの悲しい物語を凝縮したような
  像であった。