世界の子どもたち4
top> p1> p2> p3> p4> p5>
  
    アンコールワットの子どもたち

    カンボジアは長い内戦の傷跡がそこここにある。
     子ども達もそれぞれで肉親を失い心に傷をおっている。

     両手を地雷で失った子、松葉杖の子などが アンコールワットの参道に大勢いる。
   
     私は出発時、ボールペンやノートを沢山土産に用意した。

     リュックに背負い出会いの子ども達に声をかけ頭をなでながら渡した。
 
     噂がたちまちで、数10人の子ども達に囲まれた。

     子ども達は鉛筆やノートを宝物を掲げるようにして私を取り巻き一団で
     城内をのした。

     1人はリュックを背負い一日ついてきた。

     私はささやかな土産ものより数倍の感動を彼女たちからもらった。

     今、彼女たちはどうしているだろうか。