世界の子どもたち1
top > p1 > p2
   バイカル湖のほとり

   
バイカル湖を巡る

    シベリヤ抑留死没者の慰霊の旅に出た。
     全国強制抑留者協会の行事である。
     バイカル湖の湖畔にリストビヤンカ
     日本人墓地がある

     特船で湖を半周した。
     バイカル湖畔はシベリヤの真珠と呼ばれる
     観光地である。

     こじんまりした観光船だった。
     7月でも寒い。

     船長の孫と毛布を羽織って。
     彼女が青毛布を選んだのが、おかしかった。

     「豊かなるバイカルの果てしなき野山よ・・・」
     「バイカルのほとりにたたずむ旅人
      暗い世界をのろいて悲しき唄歌う」

      ポニージャックスの歌う
      シベリヤ開拓の歴史を秘めた詩である。

      けだるいような単調なリズムで
      今のロシヤの人はあまり歌わないようだ。