南アフリカ紀行
スンダランドから始まったアジア人の進化
top > 人類の歴史@ p8 次頁前頁

北方アジア人

2万年前

北京原人

60万年前

3万年前

5000年前

弥生人

縄文人

港川人

南方アジア人

ジャワ原人

ピテカントロピス

110万年前

180万年前

アウストラロヒテクス

南アフリカ

猿人

原人

スンダランド

110万年前にアフリカを脱出した原人は、大陸と地続きだったスンダランドにやってきて、ピテカントロピスになった。ここを舞台にして、アジア人の歴史が展開したのだ。彼らは、60万年前に北へ向かって北京原人を産み、東アジア人の基礎を築いた。数万年前に、スンダランドの南方アジア人は、北へ移動し港川人の形成に影響をあたえた。港川人は縄文人に進化し、現代日本人のもととなった。
シベリアの寒冷気候に適応した北方アジア人は、数千年前から北東アジアに拡大し始めた。やがて、日本列島にも渡来し、弥生人となった。

1996年 国立科学博物館 ピテカントロピス展より

p1 p2 p3 p4 p5 p6 p7 p9 p10 p11 p12 p13 p14 p15 p16 おわり