南アフリカ紀行
top > ケープタウンと喜望峰 A p5 次頁前頁>p1 p2 p3 p4 p6 p7 p8 p9 p10 p11 p12 p13 p14 p15 p16 おわり 

喜望峰
ケープタウンと喜望峰 A

喜望峰は原始の手つかずの荒波寄せる浜辺であった。目印のこの板看板が東経・・・・・・南緯・・・・・と数値を記入しただけである。トイレもここには無い。陽に焼けた石の浜なのである。風は強い。木は育たない。地に這いつくばるように広がっているだけである。何も人工のものはない。
そして水平線からは地球は丸いのがおぼろに感じられるのである。
こうなると却って最果てのさびしさが迫ってくるものです。








喜望峰自然保護区は、7750ヘクタールとケープ半島南部をすべて包んで、喜望峰やケープポイントがある。
写真は岬先端のルック・アウト・ポイント展望台で、この灯台はアフリカ海岸で最も明るい。
眼下は強風で、遭難する船が多かった。
「さまよえるオランダ人」といわれた、幽霊船の話などがある。

ケープポイント